読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

以心伝心記

Technology is anything that wasn’t around when you were born.

ダークサイド・オブ・ザ・ムーン サンフランシスコの光と影

サンフランシスコ生活を再開してしばらく。

f:id:roadracer:20150925103220j:plain

よく「なんでサンフランシスコなの?」と聴かれるのですけど、正直それはサンフランシスコが大好きだからと云うことだと思います。

f:id:roadracer:20150914064429j:plain

けど、誰がどう考えても都市の「安全」「快適」「衛生」「安定」「消費性」「娯楽」など総合的に見て、東京の方がずっとベターな筈なのに、なぜなのここなのか?と、疑問に思われます。

f:id:roadracer:20150912094842j:plain

でも自分が大好きなのは、この空間や気分も含めて住みづらさ、不快さ、大変さ、言葉の通じ無さ、習慣の違い、ビザ取得や医療保険などの難しさ等々含めて!と言うと変な言い方なのですが、そういう諸々のチャレンジそのものが楽しい。

f:id:roadracer:20150917073624j:plain

考えようによっては、マグロ漁に出る遠洋漁業の漁師さんの様な感覚なのかも?などと思ってみたりします。

f:id:roadracer:20150925103352j:plain

マグロ漁どころか漁師さんの生活感覚などまったく判らないのですけど、個人的になぜサンフランシスコなのだろう?と思った時感じた、最初のイメージは、実は「ここが危険で大変だから!」でした。

f:id:roadracer:20150911095651j:plain

SoMAの割と難しいエリアに住んでいるからこそ感じる感覚ですから、もっとのどかで快適安全安定な場所もSFには沢山あるので、僕だけの特殊な感じ方かもしれません。

f:id:roadracer:20150927073705j:plain

でも、どうしてサンフランシスコなの?と聴かれる時の前提として、「より快適で」「より先端で」「より未来的で」「より便利で」「より文化的な都市」などプラス価値が予め想定されているような気がします。

f:id:roadracer:20150927064328j:plain

でも、一方の東京は素晴らしく先端的で、未来的な都市の特徴をふんだんに備え、便利で快適な所です。その都市文化はとても豊かですから、簡単に、そうですね!サンフランシスコの方が未来ですね!先端文化が味わえますよ!と、気軽に言うことはできません。

f:id:roadracer:20150919080719j:plain

実際、僕の住んでいる7thミッションの界隈はホームレスも多いし、ジャンキーも見かけるし、ときどき言葉にしづらい悪臭もしたり、それに逮捕劇とかもたまに見ます。

f:id:roadracer:20150927085137j:plain

でも、まぁ、それでどうという訳ではなく、そういう現実も含め生活の一部ではないか?と。ここは様々な深刻な矛盾や不幸も受け止めている世界なのだと思います。

f:id:roadracer:20150919034206j:plain

テクノロジーによる革命が行われている最先端の未来都市が、一方では貧富の格差など多くの課題を抱えて苦悩している様子は、なんというかシリコンバレー礼賛なテック系記事からはなかなか伺えません。

f:id:roadracer:20150925060856j:plain

でも、一方でそういった様々な問題が、数多くのイノベーションの契機になっている面も有るのだろうと思います。

f:id:roadracer:20150927091551j:plain

深刻な不幸や矛盾が革命の原点という言い方は決して奇をてらっている訳ではなく、恐らく多くの真実を孕んでいるのでしょう。

f:id:roadracer:20150911095644j:plain

カリフォルニアに来て三年。サンフランシスコはたかだか1年半のビギナーから見てもサンフランシスコの抱える矛盾の大きさは凄まじいと思います。

f:id:roadracer:20150925061835j:plain

Uberに乗ってもAirBnBに泊まっても常々感じますし、日々4thマーケットのオフィスとアパートの間を往復する(自転車で五分)だけでもヒシヒシ感じます。

f:id:roadracer:20150911103423j:plain

で、多くの日本人(起業家を含む)がすぐ日本に帰国してしまうのは非常に残念なのですが、まぁ住みやすいかどうか?肌に合うかどうか?楽しいかどうか?というのは個人差です。本当に簡単じゃないですね。

f:id:roadracer:20150919081906j:plain

だいたい不衛生だったり危険だったりというのが、生活する上で良いはずはないのです(重ねて言いますが、そういう場所ばかりじゃないですよ!)。

f:id:roadracer:20150919114246j:plain

ひとまず、自分はこの巨大な矛盾を孕んだ、凄まじい街に大いに可能性と希望と刺激と未来を感じます。

f:id:roadracer:20150919130952j:plain

なので、敢えて言うと別に快適さや便利さや機能性で選んでいるわけではないですし、そもそも物価も高けれれば、住むための諸々のコスト(言語やビザ等を含む)がとっても高いのは事実です。その上で、とても気に入って住んでいます。

f:id:roadracer:20150913111751j:plain

とにかくサンフランシスコは最高です!決して皮肉やアイロニーではなく、心から大好きなのです。サンフランシスコに来るときは、ぜひその光と影を味わって下さい。

f:id:roadracer:20150925103226j:plain