読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

以心伝心記

Technology is anything that wasn’t around when you were born.

見えないから価値がある。

f:id:roadracer:20150113103136j:plain

製品や事業についてコメントを求められることがある。コンテスト審査員や、インキュベーションの助言者になって欲しいと言われることもある。だが、そういうことはそもそもとても困難で、簡単に受けられるものではない。

だいたい新しくて凄いものと言うのは前例や規範がないからこそ、良い。本質的に凄いことや本質的に新しいことはまったく容易ではない。それらは独自の世界観で成立していて簡単に解き明かせない。だからこそ、良い。起業家の人生を投影した、何か理解しがたいが凄いものを、まったく無関係な自分が手前勝手にもっともらしく述べるのは実に難しい。

詩人のリルケがとっても良いことを言っている。

誰もあなたに助言や手助けはできません。
誰も。
ただ一つの手段があるだけです。
自らの内に入りなさい 。

一見間違って見えること、とっても無軌道に見えること。成功しそうもなく、非常に危うく見えること。一見、違和感ばかりで批判どころか非難の言葉すら投げたくなるようなこと。そういった物事の方がよほど可能性がある。

たとえば、グーグルの真似、アマゾンの模倣、フェイスブックの再現。そういう行為にいったいどんな意味があるのだろうか?

そういうことに人生を賭けるのは果たして楽しいものなのだろうか?異常だと言われても、とんでもなく凄いことをじっと耐えながら挑む人の方に価値を感じるのは、何か見ることのできない高い頂の光景とか、未だ出かけたことがない大陸とか、夢にしか出てこない理想の人とか、そういったものへの憧れが拭い難くあるからだろうか?

砂漠が美しいのは、どこかに井戸をかくしているからだ。
What makes the desert beautiful is that somewhere it hides a well..

 これは星の王子様の一節なのだけど、冒険旅行というのは、きっとそういうものだろう。見えないからこそ価値がある。だからこそ、旅をする意味がある。

見えないものを懸命に追い求めることは、とても価値があると想う。よく正体が分からないのだけど、強く惹かれる何か。そこにこそ、きっとその起業家だけの何か大切な物が存在する。そういうことを自分はひたすら追求し続けて行きたい。

f:id:roadracer:20150113103221j:plain