読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

以心伝心記

Technology is anything that wasn’t around when you were born.

Do You Believe In Magic? - 魔法を信じるかい?

 

頓智は変わります 

さて、今日 IVS FALL KYOTO (京都の地に日本中の著名起業家が集結する一大イベントです)でようやく新CEOを公に発表することができました。今日から僕は Chairman and CMO ですが、Chief Magic Officerを目指します。"Magic"を極めます。「どんなテクノロジーも充分進化すれば、もはや魔法と区別はつかない」と語ったのは、かのSF世界の巨匠アーサーCクラークですが、そういう製品こそが頓智・の理想です。

世界を変えるテクノロジーは恐らく「加算や積算」じゃなく、「減算や除算」から生まれるんじゃないか?ってずっと思っています。ものすごく小さな機能が普遍化し、もの凄く小さな習慣が日常的に変わる。それがとても大きな変革をもたらす。そういうイメージを持ち続けています(TwitterFacebookの変革ってそういうものでは?)。

例えば、セカイカメラは「何が見えるのか?」に新しい情報の層をもたらすチャレンジでした。現実世界の視覚に新しいインスピレーションを持ち込むとして、いったい何が出来るのか?改めて初心に立ち戻ってチャレンジします。

そして、その後「domo」で試みたのは普段のコミュニケーションサイクルに対して個人対個人の関係性の可視化をもちこんだら、それまで全く有り得なかった出会いや意思疎通が生まれるんじゃないか?というアイデアです。簡単に言ってしまえば、その狙いは「挨拶」の再発明でした。このイメージはもっと掘り下げたいと思っています。

あらゆる事物や出来事を可視化する。あるいは、人と人の意思疎通、共感共有を可視化する。現実世界の可視化をやり続ける限り、「発明の種」は当分の間は無くならないでしょう。

世界を変えるチャンスにこれだけ恵まれている状況が楽しく無い筈は有りません。だから、クレイジーなアイデアをクレイジーな方法で、クレイジーに届けて行く。それを本気で世界に向けて勝負するからこそ、自分自身も変わらないといけないし、頓智もどんどん変化を遂げないといけないと考えています。今回のアナウンスはその第一声でした。

セカイカメラはまだ世界を書き換えられていません。domoでも、頓智の考える"スケスケ社会"の最初の一歩を踏み出しただけに過ぎません。世界を変えるアイデアを本物の最終製品として日々使ってもらえる為に、日々の実践をどれだけもの凄いスピードと影響力でやり抜けられるのか?これに滅茶苦茶取り組みます。

だから、CMO=Chief Magic Officerって言える位の仕事をしたいと思います。その技術が、「これって魔法なんじゃないか?」って言われるくらいの跳躍的な構想や行動が確実に求められると思っています。

カンファレンスとかで"We can change the World"ってシャウトしているのは、何も見た目のパフォーマンスをしたいのではなくって、本気で世界を変えられる製品の開発をもの凄い情熱と速度感でやりたい気持ちの現れです。だからこそ、その都度、本当に心を込めてシャウトしています。

 

信念を実現すること

どんなテクノロジーも充分進化すれば、もはや魔法と区別はつかない」を夢想に終わらせない。日本人が世界に誇れる仕事って、きっとそういう仕事なんじゃないか!?と、世界を回りながら痛感するのです。世界は僕らを待っている!と感じています。

考えてみるべきなのは、もし我々がテクノロジーで世界を変えるとするなら、その先には当然の様にアップルやグーグル、フェイスブックやツイッターが待ち構えている事です。彼らのマンパワー、ファイナンス、テクノロジー、影響力、生態系をまとめて相手にする覚悟が必要です。

例えば、2010には世界の拡張現実のトップティアを見極めようと、アマゾン、グーグル、クワルコムなどを個別訪問して激しく語り合いました。とても得るものがありました。そこで感じた事なのですが、最終的にお互いの隔たりが有るとすれば、それはきっと個別技術の差ではなくて、お互いの"思いの丈"の違いなんじゃないか?ということでした。

彼らの凄まじいテクノロジーとビジネスへの集中や専念と比べたとしても、「世界を可視化してスケスケにするぞ!(あるいはきっとそうなるぞ!)」の確信、信念、執念の部分だけは絶対に負けない!と思ったのです。

もしも、そこで負けたとしたら技術や経営で幾ら頑張っても限界が有ります。世界の現実感を書き換えるぞ!世界をもっと透明にするぞ!可視化するぞ!という思いだけで走っている部分が自分にはあります。ですから、そこのクレイジーさだけはますます鍛錬して磨き上げて行かなければ!と思っています。

日本から物凄いテクノロジーで世界を変える事。これにますます邁進します。もっと燃えて行きます。それにコミットしたい仲間はどんどん頓智の門を叩いて下さい。

明日は京大のIVS主催ワークショップです。新CEOの谷口と共に登壇します。頓智の手掛ける新セカイカメラにジョインしたい人はどんどんいらして下さい!世界の可視化を共に成し遂げたい仲間はどんどん語り合いましょう!とても楽しみにしています。  Do you believe in Magic?