読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

以心伝心記

Technology is anything that wasn’t around when you were born.

ひらめきの有用性 - それは最初だけでなく、最後のステップにこそ求められる -

最近、工業デザイナーさんとお話していて興味を覚えたのは「なにより大切なのはひらめきだ」という一言でした。

しかも、それは最初の着眼点や製品案ではなくって、それを実現させる「最後の詰め」を考える際のポイントとしてなのだ。要するに発案時より実行時の最終決定に於いてもインスピレーションが欠かせないという事です。

素晴らしい製品の初期条件は極めて厳しい物です。既存に存在しない新しい価値を曖昧な価値仮説から取り出し結晶化するのですから。誰が、どこで、何のために使うのか?はシャープであればあるほど良いでしょう。そして、それは、既に有る、特定の行為を代替し飛躍的に改善させるハズです。

 

とはいえ、代替が既にある上にその代替する上での有意的価値を説明できるシーンは限られているのですから(IMを駆逐したTwtterも当初は存在価値が疑われ続けていました)、それを明快に浮かび上がらせるのは容易ではないです。

価値を実現できる最後の詰めにこそひらめきが欠かせないのと言うのは、それが容易に突き抜けられないからでしょう。そして、その様な創造性は、勤勉さや正確さだけでは決して成し遂げられません。それは、むしろ、遊び心や余裕や余剰の歓迎される環境でしか生まれないような気がするのです。シリコンバレーでいわゆるサードウェーブと呼ばれるコーヒーストアが流行っているのは何か象徴的な出来事のように見えます。

f:id:roadracer:20140503151808j:plain