読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

以心伝心記

Technology is anything that wasn’t around when you were born.

「あなただけの物語」の大きな効用とは? "Have the courage to follow your heart and intuition."

以前、インキュベーションキャンプでの若手起業家たちとの語り合いを通じて痛感した気付きをもう一つだけ書いておこうと思います(ひとつは名刺交換の弊害)。それは「あなただけの物語」についてです。

僕自身他人のピッチを聴く機会は非常に多いので自然と「凄く響くピッチ」とそうじゃないピッチの歴然とした違いにはどうしても意識的になってしまいます。それらは「似た様な態度で、しかも似た様なストーリーなのに、いったいどこが違うのだろうか?」

f:id:roadracer:20131118115929j:plain

そこで自分なりに考えた一つのポイントは「その人だけが強く語れるストーリーを抱えているかどうかの違い」でした。

なかなか説明し辛いのですが、ピッチをしている際のその人の熱意、ストーリー自体の強度、そのピッチの与える影響力は「汎用的に流通しているトレンドに合致した物語」よりも「その人しか感じ取れなかったその人だけの体験を通じて生まれたストーリー」の方が圧倒的に高いと思ったのです。

「いや、そんなの当たり前でしょう」と思った方、意外とこれは簡単そうで難しいのですよ!「いや、そんな個人的な物語に耳を傾ける人はいないし、結果的にはビジネスのスケール感が小さく縮こまっちゃうでしょう」と思った方、意外とそうでもないです。

f:id:roadracer:20131118115942j:plain

まず、「そんなの当たり前だ!」への反論ですが、例えばインスタグラムの場合には「開発者が自分の猫を魅力的に撮影して他人に見せたかった!」なんていう物語に本当に(ビジネスパーソンとして)共感出来ますか?

インスタグラムは非常に成功した製品ですから、案外「なるほど!」と思われるかも知れませんがノーネームで「自分の飼い猫を最高に素敵に伝えられると物凄くハッピーなんだ!」とピッチされても、そこで本気で賛同することが出来るでしょうか?

それでも、一方、実際にインスタグラムを使っていると、その開発意図は非常に良い形で製品機能や製品固有の体験性に結実している様に感じます(それは定量的には測定が困難ですが、結果としては製品の成功をもたらすコア競争力へと結実していると思います)。 ですから、開発者はその初心に有ったコダワリを本当に形にした訳ですね!

f:id:roadracer:20130515095454j:plain

そして、「そんなのオカシイ!馬鹿げている」への反論なのですが、皆さんが覚えていらっしゃる成功したアントレプレナーの物語をよく思い返して下さい。そこには当然、共通項としてのコア価値が洞察可能だったとしても、恐らく、それぞれの起業家固有の物語の筈なのです。

「ペッツのコレクションを処分したくてネットオークションを始めたeBayのファウンダー」とかはとても分かり易いですよね。あるいは長距離電話をタダで掛けられるブルーボックスで電話をハックして、AT&Tの電話網に悪戯していた頃のジョブズのストーリーなど、彼の起業家精神のコアに迫るものかも知れません。

 

ある時、ウォズの母親からもらった「エスクァイア」誌1971年10月号に掲載されていたブルー・ボックスと呼ばれる装置を使って、無料で長距離電話をかけるというフリーキング(不正行為)の記事を読んだ2人は、スタンフォード大学の図書館に入り込み、AT&T(ベル社)の技術資料を見つけ出して、自分たちでオリジナルのブルー・ボックスを作り上げた。2人は、この装置で長距離電話をかけまくったという。ウォズは、この装置を作ったことで満足したが、ジョブズは、当時ウォズの通っていたカリフォルニア大学バークレー校の寮で、1台100ドルから150ドルで売りさばいていた。装置自体は1台40ドル程度で、大いにもうかったようだが、そのうち銃で脅されるような状態になり、身の危険すら感じたジョブズは、一切の販売を止めてしまう。via Wikipedia Japan 

 

つまり、何が言いたいかと言うと、「あなたがあなたしか語れない物語を磨こう!他人の物語を気にする事無く」って事です。

どうしてもそれをやりたくて起業したとして、でも資金を獲得する切羽詰まった状況で、本当にあなただけのパーソナルな物語を語り尽くすには相当な覚悟が必要です。

いきなり「それが何なの?」と言われそうですし、「トレンドに乗ってないね、しかもスケールしそうに思えない」って言われたら辛いですよね。

でも、実は、その「あなただけの物語」こそが最終的に製品を通じてユーザーと、ひいては投資家を動かし、あなたの事業を成功に導く最大の競争力の源泉になるんじゃないか?と、僕は思っています。

f:id:roadracer:20040615102832j:plain

それが「飼い猫を美しく撮ること」でも「自分のペッツを気軽に処分すこと」でも「電話線をハックして長距離電話を好き勝手掛けられること(あるいはローマ法王キッシンジャー国務長官と偽っていたずら電話をかける事)」でも、いずれにしても「あなたしか強く感じられなかった何か」を確実につかみ取っている筈です。

 

また、仮に"同じ物語"の所有者がいても、さらに深く掘り下げ、自分なりに考え抜いた方法論で、より優れた製品を開発しよう!と言う強い動機付けが有れば勝機は有るのではないかと思います。

ビジネス書で当たり前に語られる「全く誰の物でもない架空の他人のストーリー」に付き合うより数万倍生産的でやり甲斐が有ると思うのです。

そして、それは何処か遠くの誰かの脳内ではなく、あなた自身の灰色の脳みそにこそ詰まっているのです。なんと経済的で効率的な資産なのでしょうか?自分の思いには制約が有りません。そして、多くの場合それは自由自在に応用活用できるんです!

f:id:roadracer:20131118120422j:plain

(以上は以前、はてなダイアリーに掲載したブログ記事の加筆修正版です)