読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

以心伝心記

Technology is anything that wasn’t around when you were born.

テレパシーのプレゼンを日本語と英語で振り返ってみる。

現在、ニューヨークでのプレスカンファレンスを控えて、ブルックリンに滞在しながら準備を進めています。

製品開発状況はSXSW時点に比べ飛躍的に進んでいますしユースケースの検討や搭載アプリの洗練もますます進捗しています。チームも東京中心に増えており、今回のアメリカツアーではNYCおよびSFOのメンバーが増強されるはずです。

いつものことながら旅に出る前は不安ばっかりで上手くいくイメージは微塵も有りません。あらゆる心配要素が吹き出して恐怖に苛まされます。何というか失敗のイメージでいっぱいになります。

ところが、なぜかそのどん底の気持が大きなバネになって(挫けそうになることで多くの問題に直面すること、そしてそこで多くを考えて学習することで)ニューヨークに着いたその夜には非常に強い成功のイメージしか有りません。

f:id:roadracer:20130416083026j:plain

不思議なことにどん底にいればいるほど自分の場合はムクムクと意欲や敢闘精神が増すようです。今回、ブログに掲載したのは前回オースティンで行ったムーンスピーチの元原稿です。

それこそ前日まで四苦八苦して地を這いずりまわった原稿なのですが、当日全てを投げ捨ててその場で思ったことをそのままスピーチしたといういわく付きです。

とは言えテレパシーに込めた思いは十分言い尽くしているように思います(正論をそのまま語っても、どうやらリアリティの有るプレゼンには結実しないようです)。

一度、自分でもその精神構造を眺め直してみたいのですが、どうも大上段の正論ではなく、日常的にふと気づいた些細な事が直感的に自分をドライブしたときに大きな力になるようです。

「悟り」というと大げさですけど、何かすごくストンと腑に落ちるような直感が有ることで製品開発の方向性にオリジナルな深みが出る瞬間が有るようです。

テレパシーの場合はウェアラブルデバイスが超能力のテレパシーの様な体験に繋がった物凄く強力だろう... というイメージがどこからともなく湧いて来ました(それをふと想った瞬間にそもそも何を考えていたのか?余り細かくは覚えていないのですが)。

そして、その瞬間の鮮烈な(未来のあるべき)イメージがテレパシー開発の原動力になっています。

f:id:roadracer:20130416070711j:plain

【テレパシー・ムーンスピーチ元原稿】

人は人と繋がりたい生き物です。こうしてSXSWにはるばるやってきているのもクレイジーでスーパーでミラクルな「人」と素晴らしい出会いをするためではないですか?

素晴らしい人との出会いは人生そのものだと思います。

People are (animals) that want to be connected with others.

Everyone is here at SXSW because they want to meet crazy and awesome people like yourselves. Meeting fantastic people is LIFE itself.

Don't you think?

f:id:roadracer:20130416070609j:plain

素晴らしい友人、素晴らしい恋人、素晴らしいビジネスパートナー、素晴らしいコンペティター、人類史上のあらゆる新しい跳躍は、数え切れない「人と人」の邂逅と相互の協力によってもたらされています。そ

れは、このオースティンに於けるSXSWの基本的な精神ではないかと思っています。

Wonderful friends, wonderful counterparts, wonderful business partners, (wonderful competitors). Every new quantum leap for man kind has been made by people encountering new people and building new relationships. Isn't this the same spirit as SXSW?

さて、今日お披露目する我々のプロダクト、テレパシー。それは、いままでのソーシャル・コミュニケーションの潮流をさらに大きく前進させる。全く新しいプロダクトです。

I am going to show you our first product called "Telepathy". It will accelerate social communication like never before.

それは、「お互い親密な人同士が、とても簡潔に、その場その時に、瞬時に、非常に快適に、コミュニケーション出来るデバイス」です。そう、まさにテレパシーなのです。

では、そのテレパシーをお見せします。

f:id:roadracer:20130406222304j:plain

This is a device that allows close friends to communicate very simply, instantly, (on the spot and very easily).

Yes, this REAL "telepathy". Here it is!

このように、まるで新しいタイプのヘッドフォンのような、チューブを滑らかにカーブさせた形状をしています。

そして、このテレパシーを装着することで人は非常にリアルタイムでビジュアルなソーシャルコミュニケーションを、とても簡単に楽しむことができるようになります。

Just like a new type of headphone, it's curved naturally and smooth like a tube.

People can wear Telepathy to enjoy communication in realtime and very easily.

How do you think? It makes possibility everyone can connect with seeing and talking, with very sophisticated device. Production display unit inside of Telepathy displays very natural computer vision. Mic and headphone will expands your audio visual experience.

どうでしょうか?人の視覚と聴覚にスムースに繋がる、とても洗練されたこのスタイル。プロジェクションディスプレイユニットは、とても自然にあなたの目前にコンピュータディスプレイを表示できます。マイクとヘッドフォンが、その視覚的体験を自然に補強します。

The style beautifully connects your eyes and ears.

The display is naturally placed right below your eyes.

And the microphone and headphones augment your experience.

f:id:roadracer:20130416075822j:plain

さて、では原点に戻って、テレパシーがいかに人と人の親密なコミュニケーションをアシストできるのか?をご説明します。

Getting back to the story.

Let me explain how Telepathy can enhance everyone's social interaction.

皆さんがiPhoneFacebookメッセンジャーを用いて、何かとても印象的な出来事をあなたの親密なパートナーにお届けするシーンを考えてみましょう。はい、例えば凄く可愛いパピイと出会った、あなたはその感動を写真とメッセージであなたの恋人に伝えたいと思います。

さて、その場合、果たして何ステップが必要でしょうか?ぜひ、お考え下さい。How many steps?  3ステップ? 5ステップ? あるいは7ステップ? では、お見せします….

Please imagine trying to send something impressive over Facebook messenger on a iPhone.

Imagine trying to send your girlfriend a photo and message of a cute puppy you just met.

Now how many steps does that take? 3 steps? 5 steps? or 7 steps?

I'll show you.

はい、ほぼ12ステップが必要です。これでは感動も失せますし、相手に伝えようとする気持ちも萎えてしまいます。そして、なによりお互いが親密に繋がりたいという欲求にはまるで応えられていません。

f:id:roadracer:20130416070718j:plain

See! It takes about 12 steps. No more (enthusiasm). you get tired just trying to share the moment. And whats more, you loose the intimacy.

これを限りなくゼロステップにしたい!それがテレパシーです。親密な人と人のコミュニケーションのステップを限りなくゼロステップにすることで、世界中のソーシャルコミュニケーションのバリアを軽減し、よりお互いが親密に交流し、お互いがより簡単に快適に協力し合える世界を創ること。これがテレパシーの掲げるビジョンです。

Why can't we take ALL THE STEPS AWAY!

No barriers!

That is what Telepathy is all about!

With no steps in between communicate socially, we can become much more intimate.

We can collaborate more comfortably. This is the vision of Telepathy.

さて、では、ここで実際のテレパシーをお見せします。はい、これがテレパシーです。

Here is the real product.

f:id:roadracer:20130407181326j:plain

非常にコンパクトで軽量、ソーシャルコミュニケーションに必要なチップ、ボード、ワイアレス、カメラ、マイク、イヤフォン、バッテリ、そして最新鋭のプロジェクションディスプレイユニットがオールインワンでパッケージされています。

Extremely compact and light weight.

It has the necessary CPU chip, logic board, wireless components, camera, microphone, earphone, long life battery and a cutting edge projection display unit, all inside this thin tube,

さて、装着すると目の前にスモールスクリーンが表示されています。ここに様々なメッセージやイメージを表示します。そこで皆さんはハンズフリーに、親しい人からのメッセージやイメージを瞬時に眺めることができます。

When you wear Telepathy, you can see a small screen. Messages and images are shown here. Messages and images from friends and family can be shown instantly, hands free.

そうです。人と人の親密な関係をよりパワーアップし、お互いの「ラブ」をエンパワーできる。それがテレパシーなのです。Wear your Love! 愛をまとうことができるデバイス。

Telepathy enhances the intimacy between people.

This is Telepathy.

Wear your Love!!

Wear your love with Telepath.

f:id:roadracer:20130416070618p:plain